デバイス提案からシステム開発、海外展開のサポートまで、お客様の課題やニーズに最適な答えを提案するエレクトロニクスの技術商社。

会社情報

トップメッセージ 》 代表取締役社長 大倉 慎

PARTNERSHIP:アクティブな行動で、 お客様のかけがえのないパートナーへ。

 私たち東海エレクトロニクスグループが目指すのは、「お客様のかけがえのないパートナー」であることです。「パートナー」とは、お客様と一緒になって開発を進め、良いことも悪いことも共有できる関係であると考えています。お客様には、私たちが一緒にコンセプトを考えたり、悩んだり、技術上の課題を解決したりして、一緒に物事を作り込んでいってくれるパートナーであると思っていただきたい。こうした役割を担い実現していくことこそ、私がイメージする技術商社の姿です。私たちは問われたことにただお応えするのではなく、一緒に構想を練ることができるような、アクティブな組織でありたいと考えています。
 そのためにはエレクトロニクスのプロ集団として、5年先、10年先を見据えて物事を判断していくこと、更にはお客様の視線の先を読み取る想像力が必要であると考えています。私たちは、お客様のご要望やお悩みごとにお応えできる技術力を磨いていくため、技術本部のエンジニアを増強し、名実共にエンジニアリングができる企業として、日々ハード・ソフト両面の充実に努めています。

BUSINESS FIELD:世界でも、新しいフィールドでも、 私たちらしいソリューション提案を。

 自動車分野では、アメリカや中国など市場が大きな国では生産だけでなく、開発業務も現地で行う例が増えています。私たちはただ製品を納めるだけでなく、お客様への開発サポートを、各国それぞれの市場で提供する力が求められるようになっているのです。そのためには技術力を増強するとともに、情報を当社グループでワールドワイドに共有することが必要です。そのため、私たちはお客様に対し世界のどの拠点からも日本と変わらない技術提案ができるよう、当社グループでの情報共有のネットワークを築いています。


 一方で、新たな事業分野の開拓にも取り組んでいます。日本においては自動車分野のほか、医療、環境・エネルギー分野における開発がますます進んでいくと考えます。より安全で快適な社会インフラの構築に貢献できるよう、私たちも全力で取り組んでまいります。

OUR VISION:受け継がれてきた思想、今だからこそ必要な視点を日々の行動へ。

 当社には二つの経営ビジョンがあります。ひとつは「Enforce Fundamentals」、基本の徹底です。ここで言う基本とは、創業の精神である「信用・信頼・信念」であり、これらはビジネスでもっとも大切なことだと考えます。もうひとつは「Quality First for Customer!」です。この言葉で重要なのは「Customer」、お客様の視点です。品質を判断する上では様々な基準があると思いますが、やはり「お客様視点で考えると何が重要なのか」ということが発想の原点でなければなりません。
 さらに現在ではスピードが求められています。基本徹底、そしてお客様のための品質重視という考えに加えて、世界中でスピード感をもって行動するということに、日々全社で取り組んでいます。
 「Enforce Fundamentals」、「Quality First for Customer!」が示す企業としての姿勢、そしてスピードは、今後ますます重要になってくると思います。私たちはこうした考え方をもとに、「お客様のかけがえのないパートナー」であるために、アクティブに行動してまいります。

 

東海エレクトロニクスグループ

PAGE TOP