デバイス提案からシステム開発、海外展開のサポートまで、お客様の課題やニーズに最適な答えを提案するエレクトロニクスの技術商社。

トピックス

業績予想の修正に関するお知らせ(2010/8/26)

 最近の業績動向を踏まえ、平成22年4月28日に公表した業績予想を下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。

平成23年3月期第2四半期(累計)連結業績予想数値の修正(平成22年4月1日~平成22年9月30日)

(単位:百万円、%)
  売上高 営業利益 経常利益 四半期
純利益
1株当たり四半期
純利益
前回発表予想(A) 16,000 200 220 120 11円22銭
今回修正予想(B) 17,500 390 400 220 20円57銭
増減額(B-A) 1,500 190 180 100  ― 
増減率(%) 9.4 95.0 81.8 83.3  ― 
(ご参考)前期第2四半期実績
(平成22年3月期第2四半期)
12,650 △30 △36 △40  ― 

平成23年3月期第2四半期(累計)個別業績予想数値の修正(平成22年4月1日~平成22年9月30日)

(単位:百万円、%)
  売上高 営業利益 経常利益 四半期
純利益
1株当たり四半期
純利益
前回発表予想(A) 11,000 120 170 100 9円35銭
今回修正予想(B) 13,000 270 320 200 18円70銭
増減額(B-A) 2,000 150 150 100  ― 
増減率(%) 18.2 125.0 88.2 100.0  ― 
(ご参考)前期第2四半期実績
(平成22年3月期第2四半期)
9,567 △38 △31 △31  ― 

修正の理由
当第2四半期連結累計期間の業績予想について、売上高は、アジアを中心とした新興国の景気回復、国内での景気対策などを背景に、自動車分野や情報通信分野において堅調に推移しており、工作機械分野でも中国向け設備投資を中心に改善傾向にあります。
また、損益面におきましても、売上増加に伴う収益の改善や構造改革の一環として進めております経費削減が寄与した結果、前回予想を上回る見通しとなりましたので、業績予想を修正するものであります。
なお、通期の業績予想につきましては、今後の動向を踏まえ、第2四半期決算発表時までに見直しを行い、今後、業績予想の修正が必要な場合には、速やかに公表させていただきます。


※上記の予想数値は、現時点で入手可能な情報に基づき判断した見通しであり、実際の業績は様々要因により上記予想数値と異なる場合があります。

以上

東海エレクトロニクスグループ

PAGE TOP